(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-90223909-4', 'auto'); ga('send', 'pageview');

あ〜した天気になあ〜れ

家庭の事情で仕事を辞めました。仕事は好き。でも子どもといられる時間を大切にしたい。欲張り主婦が本気の覚悟で1から挑むアフィリエイト。

子どもが熱を出した時に、純粋に子どもを心配できるか

ここ数日、やる気が低迷していて、うだうだ弱気になっていましたが...

 

 

子どもが熱を出しました。

末っ子がゼロゼロ咳も鼻水もひどいなーと思っていたら、

真ん中が急に同じ咳をし出して、熱が

どーん!と。

夜も心配で目が離せず。

 

そういえば、働いていた時は男の子のお母さんに、

 

「男の子は身体が弱いから、すぐ熱を出して大変だ」

 

って言われていたっけ。

兄弟で風邪をうつしあっては、最後は看病疲れでお母さんがダウン、とかね。

 

科学的に根拠はないそうだけれど、どう見てもクラスの男の子の欠席率が高いのは一目瞭然でした。

 

うちは、女の子だったし、保育園からは一度も呼び出しがかからない超健康優良児でした。

(風邪でお休みしたことはありますよ。もちろん。)

 

それでも夜に子どもの具合が悪くなった時は、

 

朝から実家の母に来てもらえるかどうか連絡をして、

職場には遅れる分、フォローしてくれる同僚への指示を作ってメールして、

それが2、3日続いて...

 

なんとか元気になってくれー

 

って、自分の都合で思うのが7割、

早く元気になってねって思うのが3割。

 

この割合が、逆でなくちゃいけないんじゃないかな〜って、ずっと思っていました。

 

あの時は、母も50代。

だからフットワークも軽かったけれど、今はもう60代。

主人の母は70代。

実家からは電車で1時間半。

無理は頼めない状況です。

 

しかも、男の子2人を今から育てるのに、今日みたく熱を出した時に

 

「明日仕事なのに!」

 

って思ってしまう自分はイヤで....

 

やはり、アフィリで頑張ってみよう!と考え直しました。

作業時間はなんとかなる。

なんとかする。

 

それより、今目の前にいる子どもたちの事を見てあげられるというメリットを取る。

 

仕事は好きだけど、葛藤の末に在宅を選んだんだった。

 

世の中の働くお母さんたちは、環境は違えど、仕事と子どもの狭間で激しく揺れ動いている時間を過ごしているんだなあ。

 

と思うんです。

1番上の子とは、平日は朝1時間、夜2、3時間しか接する時間がありませんでした。

 

そんなこんな夢中で働いているうちに、あっという間に時間は過ぎていくんです。

 

1番上の子には、私がしっかり働けるように一緒に頑張っていてくれたんだなあって、感謝しよう。

最近ガミガミ言い過ぎたな。

 

そして、今熱があるくせに、

鼻水だらだらでゲホゲホいうくせに、

 

走り回って理不尽ばかり言っている風邪っぴき男子を、早く寝かせよう。

 

旦那に任せてブログを書いてしまった。。

いろいろ反省。

 

世の中のお母さんたち、毎日お疲れ様です。

 それでも育児、楽しいですよね。

外で働いていても、家で奮闘していても、可愛い子どもの為に、頑張りましょうね!